超低金利時代のマンションを貸す資産運用法について

金利が低く貯金する資産運用を考えてみた

20年ぐらい前までは、銀行などの金融機関に定期預金を預けておけば、元本保証で年利2パーセントぐらいの金利が付いてましたが、政府の超低金利政策により金利がつかなくなって1000万円を預けても1000円未満の金利しかつかなくなり嫌な時代が到来したなとガッカリしました。
預金をいっぱい積んでいるメインバンクで、「定期預金より運用が良い運用商品がないですか。
」と相談したら、元本保証なら国債で、元本割れリスクの少ない投資信託をすすめられました。
どのぐらいの金利が付くのか聞いたら、定期預金よりちょっといいだけでほとんど金利がつかなかったので、一旦保留にして帰宅しました。
家に帰ってから、資産運用方法をネットで検索したり、ネットショップで投資専門の本を購入して調べて行きました。

金利が低く貯金する資産運用を考えてみた素人が手を出せる利回りの良い資産運用が少ない賃貸マンションのオーナーで家賃収入資産価値が上がる立地物件3年でマンションの価値が500万円近く上昇